大手エステで資格取得を目指そう

多くの女性にとってエステは強い関心事の1つになっていますが、最近では大手エステが運営する「美容専門学校」に通い、資格を取得してエステティシャンとして働きたいと望む女性も増えてきています。大手エステでは豊富な種類の施術だけでなく数多くの最新機器などが取り揃えられています。そのため、エステを受ける場としてだけでなく「学ぶ場」としても理想的な環境が整っています。

大手エステが運営する美容専門学校に通う最大のメリットとしては、その巨大な資本力を生かして取り揃えられた「最新設備」を使いながら学べる事です。また、美容専門学校を卒業後はそのまま大手エステの支店などに就職する事も出来るので、「エステティシャンとしての就職先に困らない」という利点もあります。

ちなみに大手エステが運営する美容専門学校で取得できる資格には、国家資格として知られる「美容師国家資格」や民間資格の「認定エステティシャン」、「上級認定エステティシャン」、「アーユルヴェーダアドバイザー」、「認定セラピスト」、「インターナショナルエステティックセラピスト」、「ネイリスト技能検定」、「ホームヘルパー」、「上級救命技能認定証」などがあります。

これらの資格はそのほとんどが民間資格となりますが、これらの資格を持っているだけでもエステサロンに就職する際は有利になります。また、自分でエステサロンの開業や運営を考えた場合、大手エステが運営する美容専門学校を卒業したという事実があるだけでも「顧客の安心感」に繋がるので集客に役立ちます。